日本国内における電離圏観測

はじめに

地球を取り巻く電離圏は、通信や放送の電波の伝わり方に大きな影響を与えたり、GNSS測位精度を低下させたりと、私たちの日常生活にも影響を与えています。

情報通信研究機構(NICT)宇宙環境研究室では、イオノゾンデによる電離圏観測を長年にわたって行っており、その成果は、電離圏研究の基礎データとして、 また、短波帯無線通信等の重要な情報源として活用されています。

本ページでは、リアルタイムで得られる電離圏の概況に加え、長年にわたるイオノゾンデ観測のデータアーカイブの提供を行います。

お知らせ

最新イオノグラム 

  • 稚内(北海道)
  • 国分寺(東京)
  • 山川(鹿児島)
  • 大宜味(沖縄)