IONOSPHERIC STORM
過去のイオノグラムデータより読み取ったfoF2値とランニングメディアン (一時間値毎に15日前後から計算)と の差を電離層嵐の指標として一年毎にプロットした電離層嵐早見表をみること ができます。

K指数(柿岡)との比較プロットはこちら (STE現象報告会 2003年以降の各定期報告の8番目)で見る事ができます。

プロットの色分について
=> foF2がメディアン値よりも高い
=> foF2がメディアン値よりも低い
=> 欠測により値がない
=> Esによる遮蔽でF層の数値がない
メディアン値とは一時間毎の値について、前後15日31日間の中央値を算出したもので、foF2の観測値とメディアン値の差をプロットしています。
数時間に亘って、正の方向(赤)に強く振れているときはポジティブストーム、数日間に亘って負の方向(青)に強く振れてい るときはネガティブストームが起っていた可能性があります。


2003年〜 国内4観測所 (epsファイルはこちら
2014年 稚内 2014年 国分寺 2014年 山川 2014年 沖縄
2013年 稚内 2013年 国分寺 2013年 山川 2013年 沖縄
2012年 稚内 2012年 国分寺 2012年 山川 2012年 沖縄
2011年 稚内 2011年 国分寺 2011年 山川 2011年 沖縄
2010年 稚内 2010年 国分寺 2010年 山川 2010年 沖縄
2009年 稚内 2009年 国分寺 2009年 山川 2009年 沖縄
2008年 稚内 2008年 国分寺 2008年 山川 2008年 沖縄
2007年 稚内 2007年 国分寺 2007年 山川 2007年 沖縄
2006年 稚内 2006年 国分寺 2006年 山川 2006年 沖縄
2005年 稚内 2005年 国分寺 2005年 山川 2005年 沖縄
2004年 稚内 2004年 国分寺 2004年 山川 2004年 沖縄
2003年 稚内 2003年 国分寺 2003年 山川 2003年 沖縄


Copy Right(C)2010 National Institute of Information and Communications Technology. All Rights Reserved.
当ページへのリンクは予告無く自由に行なって頂いて結構です。但し、URLや内容が予告無く変更する場合がありますのでご承知置きください。